読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピンクバルーン

日々感じたことを徒然に記する

運動会ファッション40代ママの頑張りすぎないコーデ

子ども行事は

なにかとママのファッションが気になるところであります。

 

 

初めてだと

「みんなどんなファッションでくるのかな・・・」と気になっちゃうし、

毎年のことならば、

「去年と同じだというのもね・・・」と

と今年はどんな格好でいこうかあれこれ悩みますよね

 

周りよりぐっとおしゃれ度で差をつけたいけれど、

いかにも...頑張ってる感をだすには躊躇する

40代のママカジュアルコーデをまとめました

 

 

運動会カジュアルは難しい?

 

運動会というわけで

がっつりジャージスタイルでいけば、間違いなく浮いてしまうでしょう

下手したら教員と間違えられてしまいます・・・

だからといって、授業参観やカフェにお茶にいくようなフェミニンファッションはTPOがなさすぎです

 

ベーシックな大人カジュアルで一番難しくので、

さらりと着こなすことでまわりから一目おかれます

 

 

これだけは...NGファッション

 

コーデを考える前に、

これだけは絶対やめたほうがいいいものは

 

●日焼け対策の日傘 

撮影の邪魔になりますし、なにより混雑している場では近隣の人に危なく迷惑です。

 

●胸元、襟ぐりのあいたトップス、ローライズのパンツ

かがみこんだり、しゃがみこんだときにがっつり下着が丸見えになってしまいます。

 

●パンプスにヒール

親子競技あるなしにかかわらず、ヒールは厳禁

でも、ヒールアップのスニーカーはOKですよ。

 

あと避けれるなら避けたほうが無難ではないかと思います。

●高級ブランド

本人にそのつもりはなくても、

周りからは自慢しているようにしか見えません

 

●サングラス

芸能人ではないので、まぶしくてもツバ広ハットなどで代用しましょう

 

●アニマル系の柄

運動会で上品さには欠けてしまうおそれがあります。

 

 

 

 

失敗知らず、王道カジュアル

 

トップス

●Tシャツ

シンプルなロゴやボーダー柄

●シャツ 羽織るか腰巻

チェック柄は鉄板アイテム

 

 

ボトム

●ジーンズ、

がっつりしたダメージ加工よりも、

すっきり軽快なスキニータイプが◎

 

●スウェットパンツ

最近の定番ですが、細身を選んで野暮ったくならないように

 

 

●スニーカー

コンバースのハイカットスニーカーをはいてると

一目置かれるかも

 

●スリッポン

 

帽子

●つば広ハット

ママの定番です

 

●ニットキャップ

 

 

 

まとめ

こどもより決して目立つことなく、

アラフォーママは落ち着きあるベーシックなカジュアルをおさえましょう

 

その中にも

帽子や靴の小物グッズで

スタイリッシュなアイテムで演出することを意識すれば

周囲よりあたまでる大人カジュアルでなるでしょう

 

応援はもちろん、

ファッションだって楽しみたいですからね。