読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピンクバルーン

日々感じたことを徒然に記する

【電力自由化企業】 北陸エリアの特徴比較した一覧まとめ

2016年4月から

電力会社も選ぶことができる、いわゆる電力自由化が始まります。

長年決められた地域ごとの電力会社としか契約はできませんでしたが、

さまざまな会社が電気を私たちに直接販売できるようになるんです。

 

これは先に導入されている

私たちが電話会社が選ぶことができるサービス、マイラインみたいですね。

 

 

独占企業から新規参入企業まで

価格・サービス競争がおこなわれ私たち消費者にとっては大きなメリットとなるべきとことですし、

選ばれる側は惜しまない企業努力が必要になってきます。

 

選ぶことができる私たちは、

たしかな情報を入手し選択していくことが

とても大切になってくるでしょう。

こちらでは、北陸エリア2社の電気料金のプラン大きな特徴と

今後新規参入予定の会社を

ご紹介します。

 

 

北陸電力 従量電灯BC

 

24時間同一料金

 

おすすめの家庭は?

●日中在宅していることが多い

●一日を通した電気の使用が少ない

●家事などもまとまった時間に行わず分散している

●一度にたくさんの電気を使うことがない

 

 

北陸電力 エルフナイト8

 

23時~翌朝7時までの料金が大変割安

 

おすすめの家庭は?

●なんといっても、オール電化住宅の家庭!

●共働きなどの家庭

●夜型の生活をしている家庭

●夜たくさん電気を使う家庭

 

 

 

北陸電力 エルフナイト10

 

22時~翌朝8時までが割安

 

おすすめの家庭は?

●全オール電化住宅、割引もあります

●安い深夜料金を利用して給湯したり蓄熱をする

 

 

 

北陸電力 エルフナイト10プラス

 

22時から翌朝8時までが割安

日中は平日昼間は割高、

日曜日と祝日は昼間も普通料金

夏と春秋冬で、単価が違います

 

 

おすすめの家庭は?

オール電化住宅

●平日は共働きや学校など不在で、おもに休日にまとまって使用する家庭

 


KDDI auでんき でんきMプラン

 

24時間同一料金

auスマホなどとセットにすることで料金の一部がau Wallet プリペイドカードへキャッシュバックされます。

 

むいている家庭は?

●一日を通してたくさん電気を使わない家庭、

●まとまった時間に電話をつかわず平均して使用

 

 

KDDI auでんき でんきLプラン

24時間同一料金

auスマホなどとセットにすることで料金の一部がau Wallet プリペイドカードへキャッシュバックされます。となっていますので、

 

むいている家庭は?

●日中在宅していることが多い家庭や、

●一日を通してたくさん電気を使わない家庭、

●まとまった時間に電話をつかわず平均して使用

●一度にたくさんの電気を使うことがない

 

 

 

まとめ

 

今後、

新規参入予定の企業もどんどん増えてくることでしょう。

各社各プランの特徴を把握して、各家庭のスタイルと照らし合わせ

料金プランのシュミレーションをおこなってお得な電力会社のプランを選択しましょう。