読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピンクバルーン

日々感じたことを徒然に記する

コミュニケーション4つのタイプ分けで、劇的に改善

「どうして分かってくれないのだろう..」

「なんで伝わらないのだろう...」

 

こうしたそれぞれの価値観の違いなどから生まれる

対人関係の悩みは

パターン化したコミュニケーションの取り方が原因と考えられるようです。

血液型で4つに分類されるように

コミュニケーションスタイルにもタイプがあり

どのタイプが優劣ではなく

タイプを知り理解することで、コミュニケーションの幅がぐっとひろがることでしょう

もしかしたら、

苦手なひとが苦手じゃなくなくなり、ベストパートナーとなるかもしれませんね

 

 

 

 

 

 

コントローラータイプの特徴

 

人や物事を支配していく、結果がすべての思考

口癖は「で、結論は?」

 

自分の思い通りに物事を進めることを好み

野心家でエネルギッシュ

過程より結果成果を重視し

目標達成のためにリスク恐れずガンガンつきすすむ行動力があり

周囲から怖がられる

決断力あり
ペースが速い
人を寄せ付けない印象を与える
やさしい感情を表すことは苦手

 

 

アナライザータイプの特徴

 

分析や戦略をたてていく

 

冷静に一歩ひいて 全体を客観的にとらえることが得意

行動は慎重で、物事に取り組むとき、データを集め分析する

完璧主義者的なところがありミスを嫌う

問題解決と分析の専門家

計画を立てるのが好き
対人関係では頑固、まじめといわれる

他人を批判することは好まず感情表現が苦手

 

 

 

プロモータータイプの特徴

 

人や物事を促進していく想像力もとてもあるので

豊富なアイデアマンであります

人と活気のあることをするのが好きな社交家

細かいことはあまり気に留めない、飽きっぽい、

よく話しますが、あまり聞き役にはまわれません

 

 

サポーターの特徴

 

全体を支持していく

人を援助することを好む

職場では協調性が高く、意欲もある

常に周囲の調和が気にかかるので、決断には時間がかかる


感情に基づいて判断する
他者の気持ちに敏感、なかなかノーと言えません

常々おさえているものがあるので、

ときどき感情が爆発してしまう傾向がります

 

 

まとめ

 

4つのタイプでは自分や家族

周囲のひとたちがどのタイプになるでしょう?

(正確には簡易診断に基づく設問に答え、分けられます)

 

コントローラーとアナライザーは人より事をとらえがちなうえ、

コントローラーは感情を表し自己主張することにたいして

アナライザーは感情をおさえ表さす

 

プロモーターとサポーターはは事より人をとらえますが、

自己主張が上手なプロモーターにたいして

常にサポーターは感情をおさえてしまいます。

 

これをスマップにおきかえてみましょう。

コントローラー キムタク

プロモーター 中居くん

アナライザー ごろーちゃん

サポーター 草彅くん

ちなみに慎吾ちゃんはオールマイティだそうです

 

タイプを念頭におきながらのコミュニケーションには

新しい世界が待っているかもしれませんね。