読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピンクバルーン

日々感じたことを徒然に記する

藤原紀香と愛之助の子供と高齢出産リスク!女優×梨園妻の跡継ぎへの覚悟は

先日

ラブラブ記者会見を日本中に披露した

藤原紀香さんと愛之助さんご夫婦

終始仲むつまじい様子ではありましたが

この会見で話題となった跡継ぎ問題

 

お二人それぞれの考え方と

紀香さんの年齢からと検証してみました

 

 

 

 

 

 

温度差のあった跡継ぎコメント

 

愛之助さんは、

自分の境遇と照らし合わせ跡継ぎは養子でもかまわないと

強くわが子を望まない意思を語ったことにに対して、

紀香さんは、

最大の優先順位を夫のサポートとしたうえで

「彼の子どもを産みたい」という新妻らしい女心あるコメントされて

二人の跡継ぎにかんして考え方に温度差があることが露見しました

 

紀香さんの年齢と

梨園の妻になるということで

会見では避けて通れない跡継ぎへの質問は十分に予想はできたはず。

事前に意思疎通はできなかったのかなぁと不安が残ることになりました。

 

 

 

 

 

高齢出産のリスク

 

日本産婦人科学会では35歳以上の初産婦を「高齢出産(初産)」と定義されています。

現在、紀香さんは44歳。

順調に出産となっても45歳で出産となれば高齢初産です。

 

あくまでも統計上での話しですが、

30代後半から胎児への負担

40代からは母体への負担は計り知れないものです

 

自然妊娠率はさがるうえ、

流産確立はあがり、

染色体異常発症の確立もあがることは事実です

 

年齢が上がればあがるほど

危険なリスクが高まるということをじゅうぶんに認識

することが大切だと思います。

 

 

 

 

 

 

もとめられる梨園妻のしきたり

 

梨園妻に求められる役割に、

礼儀作法、着物の着付けは指導者クラスまでのスキルが当然求められてきます。

 

またこの他にも

大量の衣装管理や、公演チケットの販売

年賀状、挨拶状、贈呈品など

さまざまなサポートが役割としてあるうえに

男児を産むという跡継ぎをのこすことも

梨園妻の最大の役目であることには間違いないでしょう。

 

 

女優から梨園の妻を立派に務められたとして、

まっさきに思い浮かぶ中村愛之助さんと結婚した三田寛子さん。

 

結婚前は、天然のおっとりキャラでしたので

梨園の妻には一番むいてなさそうでしたが、

 

一転

多々のしきたりや作法をマスターをあっさり習得し

夫のサポートに徹したうえ、3男の母のつとめあげられました

 

テレビ番組で

大好きなひとと結婚したので梨園のつまとして背負うことは苦労とは思わなかったと

テレビで心境を語られてましたね

表舞台からあっさり姿をけし梨園の妻をやりぬいた後の最近のメディアへの露出

 

梨園の妻の鏡だけでなく

母の鏡のような貫禄さえ感じました。

 

 

 

 

 

まとめ

女優と梨園の妻

藤原紀香である以上

両立してもしなくても

さまざまな反響はあるでしょう

 

こを望む

こを産みたい

 

女性なら誰しも当然のようにもつ感情であります。

 

でも、

望めば誰にでもというわけにはいかない高齢出産のリスクを

十分に理解したうえで、

お互いが納得する形で温度差考え方を乗り越えてほしいと思います。