読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピンクバルーン

日々感じたことを徒然に記する

【吉良奈津子の最終回】高木君が告白したかったこととは?

とうとう、吉良奈津子が最終回をむかえ、

高木君とお別れすることになりました。

 

無表情でそっけなくものをゆう彼だけど、

才能豊かで、ちゃんと吉良奈津子を認めてる

 

認めるから

徐々に、

見守っているにかわってきて、

危うく枕営業に連れ込まれるところだった場面では、

エレベーターから救い出すなんてベタな王子様シーンでも、

なぜかキュンキュンした女子はたくさんいたのではないでしょうか

 

スランプに悩んでいたときも

奈津子には心を許していましたね

 

男らしかったといえば、

不倫が発覚した緊急事態に急きょ会社にもどらなければならなかったとき、

旦那に状況説明や奈津子の必要性をうったえていたあたり、

薄っぺらい旦那役の泰三より格をあげていました

 

孤軍奮闘する奈津子に

いつしか心を惹かれていった高木君ががつんをやられたのは、

休日出勤に愛息を連れてきたときに、垣間見た母親の奈津子

高木は

女王様の奈津子しか知らなかったから、

この母親の奈津子には心を奪われてしまったのではないでしょうか

 

だから、

帰国したら話があるという展開になったのでは

 

最終回

もし、

旦那と仲直りができていなかったら、

こじれたままだったら、

高木はなんと話したでしょうか。。。。

 

やっぱり

フリーの話だったかもしれませんし、

フリーをあきらめて奈津子のそばにいたかもしれませんね

 

ちょっとさみしいような気がしますが、

これがハッピーエンドだったんでしょうね

 

でも、

めぐりあいの順番ってほんとうにせつない

 

もし、

高木と奈津子は

いつ出会っていればよかったのでしょうか

 

奈津子の結婚前?

 

いや

独身の奈津子は女王様

高木は心をうごかされなかったと思います

 

ならば、

これが運命だったのでしょうか

 

みなさんは、

この最終回をどう観られましたか